小さくラッキーな日の小さな出来事

先日、久しぶりに読者に勤しもうと、近所の某古本屋チェーン店に出向いた日のことです。
いつもこの店に来るときは、大体一冊108円の一番安いコーナーへと直行。その日もいつも通りにいつものコーナーへ行きました。
大抵、お気に入りの人気作家の本は、あってもかなり古い作品か、ボロボロになってしまった本ばかりなので、あまり期待はしてなかったのですが…
その日は、前から欲しかった作品が2冊見つかりました!しかも、どちらも大人気のベストセラー作家の作品です。
テンションが上がりながらも、冷静を装いレジへ。その途中でさらにもう一冊面白そうな本を手に取り、お金を払いました。
ラッキーだなー、と心ウキウキのまま自宅へ向かいながら、ふと疑問が頭に浮かびました。3冊買った割に、どう考えても安すぎる…。
どうしても気になったので、歩きながらレシートを確認すると、店員さんはどうやら2冊分しかレジを打たなかったようでした。これは、どうしたものか。
どうしたかは、ご想像にお任せしますが、それだけでは終わりませんでした。さらに歩いていると、道端に光るものを発見。100円玉でした…。
お金なんて拾ったことも無いのに、1日で200円得した計算?これで一生分の金運使い果たしてたら、悲しいですけどね。アクシリオ 効果